1. HOME
  2. #42.サマルカンド、現金引き出し方法

#42.サマルカンド、現金引き出し方法

こんにちは。Timaです。
昨日お世話になったタクシー運転手の方が、
『もう冬は終わったよ』と仰ってました。
内心『ホントかよ??』と思ったのは事実ですが、確かに最近は雪ではなく雨が降ります。
また雨自体も、これは私の感覚なのですが、雪になりそうな硬くて冷たい雨でなく、
単に触れると濡れる雨ですので、確かに暫く雪が降りそうな気配もありません。
『だってもう19日だぜ』みたいな事を仰ってましたが、
『だから真冬でしょ?』というのは日本人の感覚でしょうか?
これから天候に注目したいと思います。
では本題へ。
今回はサマルカンドでの、クレジットカードを使用しての現金の引き出し方法についてです。
情報は私が滞在しておりました、2009年6月~10月間
がベースとなりますので最新ではありませんが、
恐らく現在のサマルカンドの状態では、差し支えないものと思います(^^;
先に申し上げておきますと、私がATMを利用して現金を引き出せたのは、1箇所のみ!!
ASAKA(アサカ) bank」という名の銀行内にあります。
ですので、そちらへの行き方、現金引き出しの際の注意点についてまとめさせて頂きました。
それでは参りましょう(^O^)/
まず前回「#41.Inyaz」でもお伝えしました様に、そちらの大学を起点に行き方から。
アミール・ティムール(Amir-Temur)像をに、
Inyazの真横を通る道路をひたすら真っ直ぐ進みます。
street
Inyaz近くの道路
実は距離にして約2km程ありますので、歩くのが苦にならないという方でなければ、
タクシーで「ASAKA bank」若しくは「PAKHTA(パフタ) bank」を目指して下さい。
若しくはこの道を通るバス/ダマスを利用し、↓に掲載されている目印を目指して下さい。
運転手に上記2つの銀行名を伝えて頂いても問題ありません(^^)
studiam
ASAKA bank近くの運動場
こちらが目印です。
上の運動場がご確認頂ければ、ここから約150mで「ASAKA bank」です。
こちらの交差点を右に折れます。
street2
道は↑ご確認頂けます様に、大きな道路ではありませんのでご注意下さい。
building
↑こちらの建物がご覧になれましたら、更に右手に折れます。
street3
銀行へと続く道
asaka bank
ASAKA bank
写真の建物が「ASAKA bank」です。
入口は、、、
west
こちら看板すぐ近くの門からお入り下さい。
銀行内は基本的に撮影禁止ですので、申し訳ありませんが写真がございませんm(__)m
撮影禁止の建物を散々掲載して参りましたが(笑)、行内では頭の中でアラートが鳴っておりました((゚Д゚))ガタガタ
ただ、こちらの銀行に入ってすぐ右手に「MasterカードのATM」がご確認頂けますので、
どこにATMがあるか分からないということはないと思います。
一点注意。
receipt
現金が引き出せない場合、↑の様な領収書が排出されます。
sorry」の文字がご確認いただけますでしょうか?
私も随分困らせて頂きましたがこちらは、
口座内、またはご利用可能残高が不足している』というだけでなく、
単にATM内の$が不足しているという場合にも排出されます。
私は残高を常に確認しておりますので、残高不足の例がなく申し訳ありませんが、
こちらの領収書が排出されても、残高不足とすぐ思い込まないようご注意下さい。
ちなみに、月曜日は比較的ATM内に$が多く、日曜日に近付くに連れ↑の領収書を頂ける可能性が高くなります(笑;
以上でサマルカンドでの現金引き出し、改め、「ASAKA bank」の紹介とさせて頂きます。
長期間バックパッカーをされている方等には、
ATM内にお金が無い事があるというのは周知の事実ですが、
私の様に海外経験が無かったという方は、意外とこの辺りの認識が抜けております。
電気・水・お金は、確保出来るときに確保しておく!!
こちらの重要性は、身を持って体感させて頂きました(;一_一)
さて次回ですが、cirrus(シーラス)というカードをご存知でしょうか?
一度こちらのブログでも名前だけは掲載しましたが、次回はそちらのサービスにまつわる記事内容となります。
今回同様、お金の引き出しにも深く関わります。
現金の確保に不安を感じている方は必見!!
それではまた次回(^^♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/uzbek/uzbek.jp/public_html/wp-content/themes/avant_tcd060/comments.php on line 98

CAPTCHA


関連記事